掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2010年07月09日
◆画家「小林邦二さんの追悼展」(17日・長野県東御市文化会館)
小林邦二追悼展
小林邦二追悼展3

 東御市教育委員会は、今年4月に93歳で死去した東御市出身の画家、小林邦二さんの追悼展を17日まで東御市文化会館で開いている【写真】。入場無料。

小林邦二追悼展4
小林邦二追悼展フ

 大正5年に県村田中に生まれ、少年期から画才が認められ、昭和6年、16歳で上京して太平洋美術学校選科に学び、20歳で二部会(旧帝展)に入選。戦後は日展委員、創元会創立会員、自由美術家協会などに参加、地元で「小林邦二後援会」が結成された。しかし51歳の時に画壇を離れて無所属となって制作。平成20年に約180点を寄贈し、翌年に紺綬褒章受章した。
 今回の展示作品は、昭和初期から全部で26点。寄贈された作品と板橋区立美術館所蔵品。自画像の「笛を吹く少年」、梅野コレクションの「裸婦」、「二重像」、宗教的な絵画の「受難」など昭和前期の作品から、昭和56年の「背を向く裸婦」なども展示。作品と一緒に東光会展覧会に入選した時の様子を紹介した、昭和9年2月23日付け北信毎日新聞の記事の内容も展示。小林さんの長男、一英さんの「小林邦二小伝」と花岡利夫市長や小林さんの関係者から寄せられた「追悼文集」も発行し、500円で販売してる。
 時間は午前9時から午後5時。入場無料。
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 20:13 | ○過去のイベント・展示 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000330931.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら